投稿日:2014年08月19日

0.環境
[CentOS]   5.6 (32bit版カーネル)
[Apache]   2.2.3
1.パスワードファイル作成
  • 適当な場所にパスワードファイルを作成。("user1"は作成したいユーザー名で読み替え)
    # htpasswd -c /etc/httpd/conf/.htpasswd user1

    New password: 

    Re-type new password: 

    Adding password for user user1
2.パスワードファイル設定
  • VirtualHostを設定している場合、Directoryディレクティブ内に下記を追加。

    AuthUserFileには上記1で作ったパスワードファイルを指定。

    AuthNameはブラウザの認証ダイアログに表示されるメッセージとなります。

    (マルチバイト文字は化ける可能性あり)

    ※下記はApache設定ファイル(/etc/httpd/conf/httpd.conf) の抜粋

NameVirtualHost *:80

<Directory /web/test>
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride FileInfo Options=All,MultiViews

    # --- ベーシック認証追加 ---
    AuthType Basic
    AuthUserFile "/etc/httpd/conf/.htpasswd"
    AuthName "Here is a message."
    Require valid-user
    # --- ベーシック認証追加 ---

</Directory>

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin test@sample.co.jp
    DocumentRoot "/web/test"
    ServerName test.net
    ErrorLog logs/test.net-error_log
    CustomLog logs/test.net-access_log common
</VirtualHost>
3.再起動
  • 最後にApacheを再起動します。
    # service httpd restart

投稿日:2014年07月25日

0.環境
[スマートフォン(OS)]  GALAXY S4 (Android 4.4.2)
[スマートウォッチ(OS)] Gear Live (4.4W)
※以下、スマートフォンは「スマホ」、スマートウォッチは「ウォッチ」と記載。
1.ホーム画面の時計(ウォッチフェイス)を変更
  • Samsung Gear Live のホーム画面の時計デザインを変える方法は下記の通りです。

    (スマホとウォッチはBluetoothで同期されている前提)

    • ①【スマホ】Playストアから好みのデザインの時計アプリをインストールします。(参考リンク)

      (例) Playストアで "WearFaces" で検索。

    • ②【スマホ】Android Wearアプリを起動し、右上のネジマークをタップ。

      スマホ-設定

    • ③【スマホ】一番下までスクロールし、「アプリの再同期」をタップ。

      スマホ-アプリ同期

    • ④【ウォッチ】ホーム画面をタップし、メニュー画面を一番下までスクロールした後「設定」をタップ。

      (2014/07/30, 追記) 後日気づきました。ホーム画面で時計を長押し(ロングタップ)すると一気に時計変更画面に行けます。(下記⑦)

      ウォッチ-設定

    • ⑤【ウォッチ】設定画面で上にフリック。

      ウォッチ-設定2

    • ⑥【ウォッチ】一番下までスクロールした後、「ウォッチフェイスの変更」をタップ。

      ウォッチ-ウォッチフェイス変更

    • ⑦【ウォッチ】上記でPlayストアからインストールした時計アプリを見つけ、タップするとホーム画面に設定されます。

投稿日:2014年07月20日

0.環境
[CentOS]   5.6 (32bit版カーネル)
[Apache]   2.2.3
[PHP]      5.4.1
[Laravel]  4.1.23
1.課題
  • 全ビュー(Bladeテンプレート)で使う値をBaseControllerから渡したい。
2.対策
  • Laravelの作法としてあっているか不明ですが、一旦これで値は渡せました。

    下記例では、設定ファイルの基底URL(app.php内のurl変数)をビューに渡しています。

    • ① app/config/local/app.php

      (本番環境の場合、app/config/app.php に定義して下さい)

    • ② app/controllers/BaseController.php

      getBaseUrl() メソッドを定義し、基底URLを返します。

      (staticでないとビューで実行できない)

    • 各コントローラは②を継承します。(コード抜粋)

      class EachController extends BaseController {

    • ③ app/views/layout.blade.php (コード抜粋)

      全てのビューで共通に使っているビューで、BaseControllerから値を取得します。

  • 参考

投稿日:2014年07月14日

0.環境
[CentOS]   5.6 (32bit版カーネル)
[Apache]   2.2.3
[PHP]      5.4.1
[Laravel]  4.1.23
1.問題
  • PHPのLaravelフレームワークを使っていたら、AjaxでPOSTした値がサーバ側で取得できずにはまりました。

    ①から②へ test という名前で hoge という値を送信します。

    • ① Javascript側

    • ② PHP側

    • ログ出力結果を見ると、下記のようにPOST値が取得できていません。

      [2014-07-16 12:09:36] local.DEBUG: [] []

2.原因
  • Firefox の "Live HTTP headers" アドオンでURLの遷移を見たところ、下記のようにリダイレクトしていることがわかりました。

    http://local.vm/test/

    ↓↓↓

    http://local.vm/test

  • grepしたところ、.htaccessでリダイレクトしてました。

    • ソース

      app-root/public/.htaccess

    • 記述

        # Redirect Trailing Slashes...
        RewriteRule ^(.*)/$ /$1 [L,R=301]
3.対策

投稿日:2014年07月02日

-O オプションを使って、ダウンロードファイル名を指定します。
  • 下記例では MyWget という名前に変更。
    # wget -O MyWget http://ftp.gnu.org/gnu/wget/wget-1.15.tar.gz
    # ls
    # -rw-r--r--  1 root  root  3417936  1月 19 19:17 MyWget
【免責事項】

本ブログのご利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。